minotakeya
品切れ

コラム①:拡張セットの収納について

印刷所様から拡張セットのカードが届いたので、今回は「拡張セットは基本セットの箱に収まるか?」の検証をしたいと思います。

まず、拡張セットを収納しているロゴ入りチャック袋なのですが…こちらは箱よりも若干大きいので、袋のまま箱に入れることはできません(下写真参照)
このため、袋のまま箱に入れることは諦めて、拡張セットのカードとルールブックだけを箱に入れることにします。

コラム1

まず、スリーブに入れていない状態のカードを入れてみますが…これは余裕で入れることができます(下写真参照)
次はカードをスリーブに入れた状態で試してみます。

コラム2

『名もなき魔王』はハーフスリーブを使うゲームなので、カードをスリーブに入れたら遊べないのでは?と思われる方も多いかもしれません。
しかし、トレーディングカードゲームに詳しい方ならご存知かもしれませんが、同梱されているハーフスリーブよりも一回り小さいスリーブが市販されています。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、下の写真はカードを「T.C.G.ジャストスリーブ」に入れた状態で、魔方陣スリーブをつけています。

ただし…『名もなき魔王』は基本セット74枚+拡張セット30枚の104枚のカードで、こちらのスリーブは1パック100枚入りなので4枚ほどスリーブが足りないことになります。
2パック買うのはもったいないと思われる方は、《ゴブリン ボマー》などあまり使用頻度の高くないカードはスリーブに入れることを諦めることで、一応の解決はできると思います。

コラム3

とりあえず、全部のカードを上記のジャストスリーブに入れた状態で箱にいれてみます。 しかし、スリーブに入れた状態のカードを普通につめると、ビニールの厚みでコインが箱に入らなくなってしまいます。

この時は入れ方にちょっと工夫がいります。
下の写真のようにカードの束をL時型にいれることで、コインを入れるスペースを作ることができるのです。

コラム4

それでも、箱が浮いてしまう場合は100円ショップで売られている文庫本用のバンドで止めるとよい感じになります(下写真参照)

コラム5

以上、制作者サイドで検証した拡張セットの収納方法のご紹介でした。
何か役に立ちそうな小ネタがあれば、またの機会にご紹介していきたいと思います。ではでは。